この時期危ないクーラー病

2018.07.10

この時期危ないクーラー病

こんにちは!!

スタッフの浦山です!!

 

ここ最近はとても暑い日が続いていますね!!

皆様のお身体の調子はいかがでしょうか!?

 

今日ご紹介するのはこの時期危ないクーラー病です!!

夏になると熱中症が騒がれる中、クーラーは欠かせません。

しかし、クーラーをかけすぎるとクーラー病にかかり、

体温調節が調整できなくなります。

クーラー病とは、

クーラーが効いた室内と灼熱の屋外を行き来するため

体温調節が環境の変化に追いつけなくなりクーラー病になります。

 

クーラー病になると、

体の疲労やだるさ、体の冷え、体のむくみ、頭痛、肩こり、腰痛、

寝違え、ギックリ腰、下痢、便秘

 

クーラー病対策

・エアコンの設定温度を外気との差を-5℃にする

・38℃~40℃の湯船に浸かる

・温める食材を使った食事をとる

・規則正しい生活

・定期的な運動

 

今年の夏は、健康に楽しく過ごしましょう!!!

※左:浦山

 



院長 渡邊 大地